Poplay(ポップレイ)

menu

イベント・お知らせ

6ヶ月までの赤ちゃん発達セミナー♪食べる・座るに繫る押さえておきたい動きとその重要性!

東京都台東区蔵前で、
シェルハブ・メソッド(以下シェルハブ)WSを開催します。

主催はクローバーこどもクリニックの小児科医・眞々田(ままだ)容子 先生

ご自身も子育て中の眞々田先生は、
頑張るお母さんの心に寄り添うことを大切にしながら、
子ども達の自然治癒力を高める診療をされていらっしゃいます。


ご自身の診療を通し、
「子どもの発達を知りたい・支えたい」と感じられてる先生。

前回の、赤ちゃんの発達を伸ばしていくシェルハブ・メソッドWSをご見学下さり、
「赤ちゃんの発達過程がすごく面白くなりました。」
との事。

シェルハブメソッド グループレッスン
「シェルハブメソッド WS」の様子

嬉しい限りです❗️

シェルハブ・メソッド詳細はこちらをご覧ください。
 ↓
Poplay(ポップレイ)コラム:シェルハブ・メソッドってなんですか?

安心で楽しい子育てのために🤱

前回のWS後、先生といろいろお話させて頂き、

『日常で湧いてくる疑問や「何かで見たから」という曖昧にしがちな事が腑に落ちると、
育児はもっと安心できて楽しくなるのでは?』

という事で、
ママ向けセミナー開催❗️

おおよそ6ヶ月までの赤ちゃんの発達のお話させて頂きます。

お座り・離乳食の前に必要な事

誕生から日々成長を続ける赤ちゃん。

手足を舐めて、首が座って、寝返りして、、

  

赤ちゃんは無意識に動いていますが、
その全てに意味があります。

そして、その動き(運動発達)は繋がっていて、
積み重ねがとても大事です。

そうです、積み重ね✨

発達には、積み重ね=連続性 が必要なんです!

大きくなって筋力がつくから、お座りが出来るわけではないのです。

お座り・離乳食までに必要なこと

ハイハイ・お座り・離乳食、がスムーズに始まるためには、
それまでに寝返り・腹這い、をしっかり経験し、
自分の体を自覚させてあげる事が重要。

ぼんやりした体(自分)では、
赤ちゃんだって、座ることも食べることも大変です。

自分の手足やオモチャを舐めるのも、
自分の口(舌・歯茎など)を知るためには大切な遊び。

「握って口に入れる」は発達に重要な学び

ですから、オモチャ選びも大事です。

さらにどんな環境で生活するか。

そんな、運動発達のために必要なちょっとしたヒントもお話します。

日常の疑問や発達積み重ねの意味がわかると、
子育てで本当に大切な事が見つかるかも知れません🍀

  

今回は

  • 対象:6ヶ月までの赤ちゃんの親御さん
  • 日時:6/24 10時〜
  • 定員:7家族
  • 会費:4,000

  

その他詳細は、眞々田先生のブログをご覧下さいね。

6ヶ月までの赤ちゃん発達セミナー♪食べる座るにつなげる押さえておきたい動きとその重要性!

  

楽しい育児のお役に立てるセミナー✨

ご参加お待ちしております😊

  


講師の「シェルハブ・メソッド国際公認指導者 高橋まち」についてはこちらをご覧ください。