Poplay(ポップレイ)

menu

心と発達に関するコラム

  • シェルハブ・メソッドってなんですか?

    シェルハブ・メソッド®︎


    ここではシェルハブ・メソッドについて詳しくご説明致します。

    • シェルハブ・メソッド®︎について
    • シェルハブのルーツ
    • シェルハブからみた赤ちゃんの成長
    • パパママに出来ること
    • 育児雑誌「クーヨン」にも紹介されました


    シェルハブ・メソッド®︎(以下シェルハブ)は、
    赤ちゃんの健やかな成長をサポートする、新しいメソッドです。

    人生の土台となる「生まれてから立って歩く」までの発達過程を、
    より細かく丁寧に見つめることで、
    ご家族と一緒に悩み・楽しみながらお子さんの成長を見守ります。

    シェルハブのルーツ

    ハバ・シェルハブ博士

    シェルハブ・メソッド®︎は、
    イスラエルのハバ・シェルハブ博士(1935-)によって考案されました。

    ハバ博士はフェルデンクライス・メソッドの世界的な指導者の1人。

    40年に渡るフェルデンクライス・メソッド経験の中から、成人に見られる多くの(身体的・精神的)問題が
    「生まれてから2歳までの発達過程に関係している」という事を見いだし、Child’Space Chava Shelhav Methodの開発につながりました。
    現在は世界各地でシェルハブ・メソッド指導者の育成に取り組まれています。

    https://childspacemethod.com/

    Shelhav Method Japan

    日本ではシェルハブ・メソッド・ジャパンの高尾明子先生が、国内初の国際公認指導者として2013年から日本での活動を始めました。
    育児雑誌クーヨンの記事も執筆されるなど、日本での第一人者として精力的に活動されています。

    また日本でのシェルハブ・メソッド国際公認指導者養成講習も主宰。
    シェルハブの指導者を目指したい方も公式サイトをご覧ください。
    私たちの仲間として、一緒に赤ちゃん・ご家族をサポートしていきましょう!
    ※Poplay(ポップレイ)講師は指導者養成講習の1期生です。

    http://shelhav-method-matsue.jp/

    シェルハブからみた赤ちゃんの成長

    「動くことで脳を刺激しその子に合った成長へ繋げる」

    赤ちゃんは「自ら動き遊ぶことで成長」できる1人の人間です。

    寝返りやハイハイで欲しい物(所)まで移動し、オモチャを握って口に入れて。
    お座りでバランスを取りながら遊び、キョロキョロしながら遠くの物を見つけたり、、、

    どんな小さな事からでも感覚を通して脳を育てています。
    そして一つ一つの過程は、環境の中から自ら選んだ方法で獲得していきます。

    ですからこの環境はとても大切。
    赤ちゃんは

    • 動きたい
    • 自分が出来ることを探究し続ける

    とシェルハブでは考えますので、
    大人が先回りをして便利な育児用品を与えてしまうのは、
    動きたい!という彼らの欲求を満たしてあげられない可能性も。

    自分のことをもっと知りながら自分らしく成長するために、
    シェルハブでは「よく動く体」を大切に育てます。

    「楽しさの中で自ら気づき学ぶことを尊重する」

    筋力もほとんど無い赤ちゃん、その動き方はとても小さいですね。
    でもその可愛らしいモゾモゾには

    「足を押すと前に行けるかも?」
    「ここで手を押すと…、やったぁ!自分で座れたよ!」
    「このオモチャはギュ〜っと握って遊べるなぁ」

    体を自覚し動きを試しながら、楽しく成長している瞬間です✨

    そう、この「楽しい」は大切なキーワード♫
    楽しく感じる時は赤ちゃんが主体的に動いているので、
    学びも一段と深い時です。

    ですからシェルハブでは
    「ハイハイ出来ないので、頑張って四つ這いに」
    という練習的な考え方はしません。

    例えば、ハイハイせずお座りのまま移動(前進)していたら、、

    ハイハイは経験して欲しいのですが、今はお座りが楽しい時と捉え、
    遊びながら「お座り→四つ這いへ」を促します。

    ハイハイという結果ではなく、
    「→」の途中で起っている沢山の動きのプロセスが重要と考えます。

    プロセスは気づき・学び=脳育ての宝庫。
    主体的に関わることで得られる大切な経験ですね。

    出来ていることに目を向ける

    このような視点から日々お子さんをと関わっていくと、
    とても多くの「出来ていること」に
    大人も気づけるようになります。

    「にぎにぎして音が鳴って楽しいねぇ」
    「お座りするといろんなものが沢山見えるね」

    お子さんの楽しさを一緒に共有できるって、
    幸せですよね。

    パパママが出来ること

    「うちの子にも楽しい主体的な学びを経験して欲しい!」
    そんなパパママにシェルハブでは2つののことをお伝えしています。

    • シェルハブ特有のタッチケア
      タッチ法「ぽんぽんむぎゅ~」一般に知られている肌へのタッチとは少し違う、シェルハブならではのタッチについて
    • 環境・遊びのこと
      赤ちゃんが自らとご機嫌に動くための方法は?

    シェルハブの個人レッスン受講はこちらから

    シェルハブの体験会・レッスン詳細はこちらから

    育児雑誌「クーヨン」で紹介されました

    2019年4月号「脳に働きかけるシェルハブ・メソッド」
    シェルハブとは?、月齢ごとのアドバイス、
    などシェルハブが初めてクーヨンで紹介された号です。

    2020年3月号「食べてくれないはからだ育てで解消」
    食の悩みを運動発達・姿勢などから考え、
    「食べる」に繋がるサポートをシェルハブの角度からご紹介しています。