Poplay(ポップレイ)

menu

心と発達に関するコラム

  • 長時間のバウンサーは良くないのですか?〜想像力を膨らませて赤ちゃんと一緒に試行錯誤を〜

    いつもありがとうございます。Poplay(ポップレイ)高橋です。

    先日はクローバーこどもクリニックさん主催
    発達を伸ばす6ヶ月まで赤ちゃんWSでした。

     

    2回コースですが、
    バウンサーの話は1回目終了後に頂いたご質問です。

    この回は、他にも

    「オモチャって1個で良いんですね。今までオモチャ多すぎたかも」

    とご意見下さったママも。

    ママ自身からこんな疑問が湧いてくるって、
    とても大切な事だと思います。

     

     

    赤ちゃんが必要としているものを知ると

    「バウンサーや歩行器、その他多くの育児用品は大人にとっては便利ですが、
    子どもの発達には適さない物もあるので、必要最低限で使って下さい」

    「オモチャはシンプルで、子ども自身が遊び方を工夫できる物で」

    という話をレッスンやセミナーでお伝えしています。

     

    その時は「そうなんですね!」と理解できても、
    根本的な理由を知らないと長続きが難しい、、😣

     

    • ストレスなく動くための適度な硬さの床環境。
    • 遊びを発展させながら脳を育てるシンプルなオモチャ。
    • 好奇心を満たしながら成功体験を積み重ねられるための、親子の距離感。

     

    よく耳にする話ですが、
    その理由(赤ちゃんが必要としてるもの)をちゃんと知れば、

    「もしかしてバウンサーはだめ、、?」

    「オモチャは1個で良いかも」

    という発想がママの方から湧いてきます。

     

    床環境はなぜ大切なの?

    ここでちょっと発達豆知識。


    赤ちゃんは常に「動くこと」で成長しています。


    「音が聞こえる♪」
    「何か見えた、欲しい!✨」


    の方向へ動くために、足裏・お尻・肘・肩・頭、、、
    床に接している部分を一生懸命押し、
    手脚を伸ばしているのです。

    左腕や脇を押しバランスを取りながら手を伸ばす


    そして押した部分が脳へインプットされ、
    「足がある、肩がある」と、
    脳へ体の地図を作る事ができます。(ボディイメージの確立

     
    ちょっと想像してみましょう。

    たとえば、あなたは今、フカフカのベッドに座っています。
    そこから立ち上がろうする時、、、どうでしょう?


    ある程度の硬さがあると力む事なく立てますが、
    足元が柔らかすぎると、
    体のいろんな部分に力を入れないと立てませんね。


    そして赤ちゃんは基本動きたいので、
    フワフワのマットで足を目一杯蹴ったり、狭い場所でも頑張って反ったり。


    それが日常的になると、
    常に緊張した体が育ちます。(><)


    そして、押しにくい柔らかい環境は「脳へ体の地図」が作りにくいため、
    なんとなくぼんやりした感覚になりがちです。

    ※床環境で育つ感覚についてはこちらもご覧ください

    シェルハブメソッドのタッチとご機嫌に遊ぶための環境作り

     

    私たち大人も想像力を膨らませて✨

    根本の理由(赤ちゃんが必要としてるもの)を知り、
    「便利に使っていた物の頻度を減らした方が良い」と気づいたら。

    あとは想像力を膨らませて、

    「代わりになるもの」を見つけていきましょう!

     

    私たち大人も、
    子どもたちと一緒に試行錯誤を繰り返しながら、

    答えのない子育てを創意工夫で楽しんで行けたら素敵ですね✨

     

    日常で疑問や不安を感じたら、
    シェルハブメソッド 特有のタッチとサポート方が、
    お手伝いさせて頂きます。

    お気軽にご相談くださいね🍀